2020年08月

洋服も完成しました!手作りのウォルドルフ人形です。
IMG_5032
IMG_5034

かなり雑ではあるのですが、結構可愛いくないですか??
またこちらの先生の説明を参考にさせていただいたのですが、すでに疲弊してしまった私は、よく理解できない部分もありながら、自己流も入れて進めてしまいました。


型紙を作るのも嫌だったので、布に直接チャコペンで線を書いて裁断しました。
B体(30cm)の長ズボンだとこんな感じ…縦13cm,横15cmですね。
出っ張りの部分(縦に置いたメジャーのちょうど6cmが指しているところ)から上が股からウエスト、下が股から足首にあたるのですが、出来上がり、股上浅めになってしまったので、上の部分をあと2cmくらい長くとっても良かったなと思います。
(なお、右上の部分がお尻側になるのですが、お尻側の方が布がたっぷりほしいので、左上と比べて1cmくらい長いです。斜めになっているの、分かりますかね?)
IMG_5018

これを同じ寸法で2枚用意し、それぞれ半分に折って、写真のように出っ張っている箇所だけ縫い合わせます。縫い合わせると、筒のようになります。
IMG_5021

1個だけ裏返して、裏返した方を、裏返していない方の中にすっぽりと入れます。
そうしたら、写真のとおり、U字に開いているところを二枚、縫い合わせます。
IMG_5026

あとは、裏返したらこのようなズボンの形になります!
IMG_5027

ゴムひも通しを作るのが面倒だったので、サスペンダー型のズボンにしました。
少しデザイン性のある太めのゴムを、サスペンダーになるように縫い付けて、完成です。

ミニサイズながら、ズボンってこうやって作るんだ!!と勉強になりました。

とても可愛くできて、満足です!息子、気に入ってくれるかな〜!!

もうすぐ1歳の息子にウォルドルフ人形を作りました。可愛いでしょう〜!!(手前味噌!)
FullSizeRender

(洋服を作るエネルギーが残っておらず、とりあえずハンカチを結び巻いて洋服にしています。)

■ウォルドルフ人形とは…

ドイツのシュタイナー教育で取り入れられている天然素材で作る人形です。
表情をあえてシンプルにすることで、子供の想像力によって色々な表情に見えるようにする狙いがあります。
身近な人が思いを込めて手作りをするたった一つの人形で、子供に寄り添ってくれる存在となることが期待されています。

これから大きくなるにつれ、どうしても、親に叱られたり、複雑な感情をもつこともあると思います。
そんなときでも、このお人形が側にいることで、あなたは愛されている存在なんだよということを忘れずに感じてほしい。
感情の整理がつかないときにも、このお人形だけは自分の気持ちが分かってくれるんじゃないかと、自分は一人じゃないんだと、そんなふうに息子の心に寄り添うような存在になってくれたらと思いながら、作りました。

■作り方

スウェーデンひつじの詩舎さんから手作りキットが販売されています。
大きい順にA体、B体、C体があり、私はB体を選びました。4,000円弱ですね。


作り方の本も販売されていますし、有料の講習会なども開催されているようですが、節約のため、ネットの情報を拾ってできるのでは…?と思い、私は自己流でチャレンジしてみました。裁縫下手で不器用な私でも、時間はかかったものの、何とかできましたよ!

作り方は主に、こちらの先生の動画を参考にさせていただきました。順を追って説明されています。

いくつか動画と違う作り方をした点もあります。
  • 動画のように羊毛ボールを作るのは全くできませんでした。手で巻き付けるだとギュッと詰まったボールにはどうしてもならず、100円均一で羊毛フェルト用のニードルというものを買ってきて、ザクザク刺してボールにしました。羊毛フェルト用ニードルだけは他のもので代用できないようです。これなら誰でもできるのでおすすめです。

IMG_4719

  • コサージュピンの使用が強く推奨されていますが、手持ちの普通の待ち針でもなんとかできました!
  • くぐり結びというのがどうしてもよく分からず、普通の方結びにしました。頭の輪郭を形成するための結びが弱かったためか、少し大人っぽい輪郭になりましたが、大勢に影響なくできました。耐久性は劣るかもしれませんね…。
  • 足は、初めハイレグになってしまったのですが、このままですと胴体の綿が綺麗に収まらないので、やり直して、直線になるようにしました。(写真はNGパターン)

IMG_4800
  • 髪の毛はうちの子は男の子ということで短くしたかったのですが、先生の動画ではロングヘアーで、これを短髪にするとどうなるのか?少しイメージが湧かなかったので、自己流で違うやり方をしてみました。

刺繍針に糸を二本取り(?)にして、ループのように縫い進めます。1本1本が抜けないように、返し縫いの要領で縫います。左右の糸を引っ張って、どちらからも抜けないことを確認しながら縫い進めました。

IMG_0445

IMG_0449

こうなるので、後で輪っかの所をチョキンチョキンと切ります。これはこれで、ふわふわの巻き髪みたいな雰囲気になって、可愛いなと思ったのですが…。

IMG_4886

ひと針ずつ植毛した後、このように地肌の見えているところは、直接地肌にベタッと縫いつけて、地肌が見えないようにします。

IMG_4887

結構頑張って1本1本植毛したのですが、結果的に、かなり毛量が多くなりました。
そこまでたくさん植毛しなくても、ベタ縫いで地肌を隠せるので、大丈夫だったなと思いました。
毛量が多いこともあり、幼児というより、思春期の子供のような印象になった気がします。

Before
IMG_0432

After

IMG_4898

横向きはこんな感じ。
IMG_4900

頭頂部を境に、顔の方は短く、後ろの方は長くしています。美容師さんにアドバイスをもらいたいと本気で思ったくらい、髪の毛の構造について考える機会となりました。(笑)


■おまけ:ハンカチで即席お洋服の作り方

布を買ったらお洋服作りますが、とりあえず裸だと可哀想なので…。
(後日、無事お洋服も作れました⇒洋服も完成! ウォルドルフ人形)

ハンカチを肩で結びます。
IMG_4907

余った布を整えながら、反対側の肩に持ってきて、結びます。
IMG_4908

整えたらこんな感じに。
IMG_4909

続いてズボン。ウェストで結んで股を通し…
IMG_4911

背中側に持ってきて、また腰で結びます。
IMG_4904 (1)

一応、ズボンになりました!(これは上半身の服を着せる前の写真ですが…)
IMG_4905

おしまい。

時間はかかりますが、手順どおりにやっていけばなんとかできます。不器用な私でも楽しく作ることができました。おすすめです!!

↑このページのトップヘ