息子に大日本絵画の『チャイコフスキーのくるみ割り人形(音の出るしかけえほん)』をクリスマスプレゼントとしてあげたのですが、とっても素敵な絵本でしたので、ご紹介します!



(Amazonのレビューも星★★★★でした。納得。(2021年1月時点))
チャイコフスキーは、たいへん美しいメロディーの曲を作った作曲家として知られています。なかでも有名な3つのバレエ音楽のひとつが「くるみ割り人形」です。E.T.A.ホフマンの書いた童話をもとに作曲され、舞台の上のおどり手の思いを、わかりやすくしてくれます。さぁ、主人公のクララといっしょにクリスマスの魔法の旅へと出かけましょう。 
(出典:大日本絵画HP チャイコフスキーのくるみ割り人形 (音がなる)


特におすすめしたい人

  1. お子さんにクリスマス・冬のお誕生日プレゼントを探している方
  2. クラシック音楽に興味のあるお子さん・親御さん
  3. バレエに興味のあるお子さん・親御さん
  4. 外国のファンタジーな物語に触れたい方
  5. 華やかで繊細な雰囲気の絵が好きな方  など
クリスマスのお話なので、冬のプレゼントとして特におすすめです。
下に書きますが、サイズは普通の絵本より大分大きいです。
そして表紙の一部に金箔が貼られていたり、特別感のある装丁のため、贈り物として見劣りしないと思います。

また、クラシック音楽やバレエに触れるための第一歩としてもおすすめです!
これも下に書きますが、子供向けの絵本ではありますが、各曲の説明もとてもコンパクトかつ分かりやすくされています。
 

実際に手に取ってみて分かった特徴

私はネットで注文したので、実物を見たのは届いてからだったのですが、実際に手に取ってみて分かった特徴を書きます。
  • 思っていたよりもずっと大きかった。A4サイズの二倍ちょっとの大きさでした。(つまり、開くと大体A4サイズを横に4枚並べた大きさになります。)
  • 表紙は布のようなしっかりとした素材です。
  • 表紙に金箔が使われていて、特別感がある!

音楽について

この絵本は、お話が見開き10ページ、プラス最後のページの見開き1ページに音楽についての説明が書かれています。

お話の各見開きのページに、「ここを押す」という丸い印がついていて、そこを押すと音楽が流れます。
各曲は、10秒くらいなのですが、子供のおもちゃによくある電子音ではなく、優雅なクラシックの音色をきちんと録音したようなものになっています。
音の強弱や、楽器の音色も十分分かります。
各曲の時間は短いながらも、各シーンの光景と合った素敵な音楽で、大人もワクワクしながら聴いてしまうような感じです。
我が家は一歳の息子に読み聞かせましたが、心地良さそうに聴いていました。
短いからこそ、小さい子供には聴きやすいのかもしれません。

そして、最後のページに、チャイコフスキーの紹介序曲〜第2幕終幕のワルツまで、各ページで流れた曲についての説明(特徴や聴き所、想起されるものなど)、そして、その中で用いられた音楽の言葉についての説明が簡潔に書かれています。このページはある程度(小学生中学年くらいかな?)の年齢にならないと一人で読んだだけで全てを理解するのは難しいかもしれませんが、親御さんがこれを読みながら説明したり一緒に感想を話したりするなら、幼児から役立つと思います。

クラシック音楽の鑑賞に親しむきっかけとしても、とても良いのではないかなと思います。

ストーリーについて

時はクリスマスイブの夜。主人公はクララという名前の女の子。王子様になったクルミ割り人形に案内され、お菓子の国で、お菓子の精達の素敵な踊りを楽しむ、というお話です。どちらかと言うと女の子の喜ぶお話かもしれません。(我が家は性別関係なく素敵なものは紹介したいので、息子にプレゼントしました。とはいえ、まだ一歳なので、好みに性差は表れていません。もう少し大きくなったら、女の子っぽいという理由で嫌厭されたりするのでしょうか。でも、この音楽や絵は、男女関係なく楽しめるものだと思うので、お家にあって損はないと思います。)

絵について

各シーン、見開きページを使っています。上にも書いたとおり、開くと大体A4サイズを横に4枚並べた大きさになるので、贅沢に紙面を使って絵が描かれています。
ドイツの童話なので、当然かもしれませんが、登場人物の装い(ドレスやハット)、室内の様子は昔の洋風です。細かなところまで描かれた、繊細なタッチの絵です。

対象年齢は?

上記でも少し触れましたが。お話の文章は、小さな文字で書かれているし、使われている言葉や表現からすると、一人で読むなら、小学校中学年くらいが対象なのかな?と思います。(調べたのですが公式な対象年齢は分かりませんでした。)
とはいえ、読み聞かせをするなら、読み手がいくらでも簡単な言葉で説明できるので、何歳からでも楽しめると思います。我が家は一歳の息子に読んでいます。読むというより、絵を見せて、すごく簡単に光景を説明して、音楽を聴かせる、という感じです。しっかり見て聴いて、楽しんでいる感じがします。

少々残念な点 

…というわけでとてもおすすめなこの絵本なのですが、一点難点を挙げるとすると、音楽を聴くためのマークを押すのに、力が要ること!マークは分かりやすく丸になっているので、一歳の息子も指で指してなぞるのですが、全く力が足りません。いつ頃になったら自分で押せるだろう?3歳以降かな?もっと押しやすかったら、さらに良いのに〜!と思います。


このシリーズの絵本、他にもあるみたいなので、またの機会に見てみたいな〜と思うくらい気に入りました。