育児

息子に大日本絵画の『チャイコフスキーのくるみ割り人形(音の出るしかけえほん)』をクリスマスプレゼントとしてあげたのですが、とっても素敵な絵本でしたので、ご紹介します!



(Amazonのレビューも星★★★★でした。納得。(2021年1月時点))
チャイコフスキーは、たいへん美しいメロディーの曲を作った作曲家として知られています。なかでも有名な3つのバレエ音楽のひとつが「くるみ割り人形」です。E.T.A.ホフマンの書いた童話をもとに作曲され、舞台の上のおどり手の思いを、わかりやすくしてくれます。さぁ、主人公のクララといっしょにクリスマスの魔法の旅へと出かけましょう。 
(出典:大日本絵画HP チャイコフスキーのくるみ割り人形 (音がなる)


特におすすめしたい人

  1. お子さんにクリスマス・冬のお誕生日プレゼントを探している方
  2. クラシック音楽に興味のあるお子さん・親御さん
  3. バレエに興味のあるお子さん・親御さん
  4. 外国のファンタジーな物語に触れたい方
  5. 華やかで繊細な雰囲気の絵が好きな方  など
クリスマスのお話なので、冬のプレゼントとして特におすすめです。
下に書きますが、サイズは普通の絵本より大分大きいです。
そして表紙の一部に金箔が貼られていたり、特別感のある装丁のため、贈り物として見劣りしないと思います。

また、クラシック音楽やバレエに触れるための第一歩としてもおすすめです!
これも下に書きますが、子供向けの絵本ではありますが、各曲の説明もとてもコンパクトかつ分かりやすくされています。
 

実際に手に取ってみて分かった特徴

私はネットで注文したので、実物を見たのは届いてからだったのですが、実際に手に取ってみて分かった特徴を書きます。
  • 思っていたよりもずっと大きかった。A4サイズの二倍ちょっとの大きさでした。(つまり、開くと大体A4サイズを横に4枚並べた大きさになります。)
  • 表紙は布のようなしっかりとした素材です。
  • 表紙に金箔が使われていて、特別感がある!

音楽について

この絵本は、お話が見開き10ページ、プラス最後のページの見開き1ページに音楽についての説明が書かれています。

お話の各見開きのページに、「ここを押す」という丸い印がついていて、そこを押すと音楽が流れます。
各曲は、10秒くらいなのですが、子供のおもちゃによくある電子音ではなく、優雅なクラシックの音色をきちんと録音したようなものになっています。
音の強弱や、楽器の音色も十分分かります。
各曲の時間は短いながらも、各シーンの光景と合った素敵な音楽で、大人もワクワクしながら聴いてしまうような感じです。
我が家は一歳の息子に読み聞かせましたが、心地良さそうに聴いていました。
短いからこそ、小さい子供には聴きやすいのかもしれません。

そして、最後のページに、チャイコフスキーの紹介序曲〜第2幕終幕のワルツまで、各ページで流れた曲についての説明(特徴や聴き所、想起されるものなど)、そして、その中で用いられた音楽の言葉についての説明が簡潔に書かれています。このページはある程度(小学生中学年くらいかな?)の年齢にならないと一人で読んだだけで全てを理解するのは難しいかもしれませんが、親御さんがこれを読みながら説明したり一緒に感想を話したりするなら、幼児から役立つと思います。

クラシック音楽の鑑賞に親しむきっかけとしても、とても良いのではないかなと思います。

ストーリーについて

時はクリスマスイブの夜。主人公はクララという名前の女の子。王子様になったクルミ割り人形に案内され、お菓子の国で、お菓子の精達の素敵な踊りを楽しむ、というお話です。どちらかと言うと女の子の喜ぶお話かもしれません。(我が家は性別関係なく素敵なものは紹介したいので、息子にプレゼントしました。とはいえ、まだ一歳なので、好みに性差は表れていません。もう少し大きくなったら、女の子っぽいという理由で嫌厭されたりするのでしょうか。でも、この音楽や絵は、男女関係なく楽しめるものだと思うので、お家にあって損はないと思います。)

絵について

各シーン、見開きページを使っています。上にも書いたとおり、開くと大体A4サイズを横に4枚並べた大きさになるので、贅沢に紙面を使って絵が描かれています。
ドイツの童話なので、当然かもしれませんが、登場人物の装い(ドレスやハット)、室内の様子は昔の洋風です。細かなところまで描かれた、繊細なタッチの絵です。

対象年齢は?

上記でも少し触れましたが。お話の文章は、小さな文字で書かれているし、使われている言葉や表現からすると、一人で読むなら、小学校中学年くらいが対象なのかな?と思います。(調べたのですが公式な対象年齢は分かりませんでした。)
とはいえ、読み聞かせをするなら、読み手がいくらでも簡単な言葉で説明できるので、何歳からでも楽しめると思います。我が家は一歳の息子に読んでいます。読むというより、絵を見せて、すごく簡単に光景を説明して、音楽を聴かせる、という感じです。しっかり見て聴いて、楽しんでいる感じがします。

少々残念な点 

…というわけでとてもおすすめなこの絵本なのですが、一点難点を挙げるとすると、音楽を聴くためのマークを押すのに、力が要ること!マークは分かりやすく丸になっているので、一歳の息子も指で指してなぞるのですが、全く力が足りません。いつ頃になったら自分で押せるだろう?3歳以降かな?もっと押しやすかったら、さらに良いのに〜!と思います。


このシリーズの絵本、他にもあるみたいなので、またの機会に見てみたいな〜と思うくらい気に入りました。

今年は1歳の息子に初めてのクリスマスプレゼントを用意しました。本当はまだ良いかなと思っていたのですが、じいじばあばが「何が良い?」と聞いてくれたので、お願いすることに!
とはいえ、数ヶ月前に誕生日で気になっていたおもちゃはあげたばかりなので、今回はクリスマスっぽい物で考えてみました。同じように「どうしよう??」と迷っている方のヒントになれば幸いです。

   

1、スノーマンのDVD

イギリスの作家レイモンド・ブリッグスの描くアニメーション。優しく温かみのある絵柄が印象的な、雪だるまと男の子の物語です。30分ほどのアニメーションで、声はなく、絵とBGMだけで展開します。絵本のような雰囲気です。
実際に絵本も出版されているのですが、DVDをおすすめするのは、BGMがまた素晴らしいから! 男の子が澄んだ声で歌うWalking in the airという歌の美しいこと。
ストーリーは最後、雪だるまが溶けてしまうので少し物悲しいのですが、冬に鑑賞する芸術作品としておすすめです。
年齢関係なく、赤ちゃんから大人まで楽しめると思います。
(※2020年12月現在在庫がないようです。次回入荷の際にぜひ!)

絵本はこちら。絵本もアニメーション同様、文章はなく、絵だけで楽しみます。DVDより対象年齢は高くなりますが、こちらも人気です。


2、くるみ割り人形の絵本

バレエでも有名なクリスマスの定番「くるみ割り人形」の絵本です。クリスマスの夜のおとぎ話が、繊細な絵柄で描かれています。この絵本はボタンを押すと、場面ごとにチャイコフスキーのくるみ割り人形の音楽が流れます。素敵な絵と音楽で、クラシックに親しむきっかけになりそうです。

くるみ割り人形の絵本はこの他にも素敵なものが色々出版されていますので、お子さんの年齢や好みによって選んでみてはいかがでしょう
こんな繊細な切り絵の絵本も..!



3、クリスマスアドベントカレンダー


お子さんがクリスマスを待つ時間をもっとワクワクしたものにする、アドベントカレンダー。毎日引き出しを開けて中の物を取り出します。お菓子を入れることが多いですが、シールやお手紙を入れても良いですね。お子さんの成長とともに、アイデア次第で色々楽しめそうです。
木製のものなら毎年楽しめますので、毎年恒例のアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょうか。


4、クリスマスモチーフのブローチ


可愛いらしいクリスマスモチーフのブローチはいかがでしょう?
毎年家族でクリスマスパーティーの日に付けたらテンションが上がりそうですね!
お子さんが小さいうちは舐めたりしないよう注意が必要ですが、大きくなっても大事に取っておけそうです。


5、親子でおそろいクリスマス靴下


親子でおそろいのクリスマス柄の靴下も可愛らしいですね。お子さんは次の年には履けなくなっているかもしれませんが、ツリーの飾りとして飾ったりすれば、「初めてのクリスマスの時はこんなに小さかったんだよ」なんていうふうに見せることもできますね。


以上、初めてのクリスマスプレゼントのアイデア5選でした! 参考になれば嬉しいです。

日曜日、多摩動物公園に一歳1ヶ月の息子を連れて行ってきました。多摩動物公園は2020年10月現在、コロナ対策を行いながらの開園となっています。現地に行ってみて分かった情報など含めてシェアします。お子さん連れでの外出先を探している方、これから多摩動物公園に行こうとされている方の参考になれば幸いです。


目次


土日祝は予約が必要

コロナ感染症の対策のため、2020年11月末までの土日祝日は、開園から14:30までの入場については、事前予約が必要になっています。予約時点では料金は発生しませんので、早めの予約がおすすめです。2週間前の土曜日9:00から予約受付開始しています。
なお、入園時間は、予約した時間から45分以内となります。9:30の枠だったら、10:15までに入園すればOKです。


持ち物のおすすめ

子供関連で、私が持って行った物、持って行けば良かった物は以下のとおりです。(1歳1ヶ月の子供と行った場合)

オムツ関連
  • オムツ
  • お尻拭き
  • (使う人は)オムツ替えシート
  • 使用済オムツを入れるビニール袋
飲食物関連
  • 飲み物
  • お菓子
  • お昼ご飯の離乳食(電子レンジ貸して頂ける所があるので冷凍OKです)
清潔アイテム
  • ハンカチ・タオル
  • ティッシュ
  • お手拭き(私は荷物を減らすためお尻拭きで良いやと思い持っていきませんでしたが、使う方は)
  • 消毒ジェル(園内の随所にも消毒剤は置いてありましたが、手持ちの物があれば持って行けると安心かと。)
衣類
  • 帽子
  • (持ち物というか着ていくもの)温度調節のしやすい服装 (※山の中なのでひんやりしたり、日が当たって暑くなったり、変化が激しかったです)
その他
  • 抱っこ紐(うちはベビーカーだけだとぐずった時不安なので。また、コアラ館などごく一部ベビーカーが入れない所もあるので、まだ歩けないお子さんは特に。)
  • ベビーカー(有料貸出もありますが、荷物もぶら下げて行き帰りできるし、親子共に慣れているベビーカーを持って行けるのであれば、やっぱりその方が良いなぁと思いました。)
  • セルカ棒又は三脚(久々に外出して気付いたのですが、このご時世、スタッフの方や周りの方にスマホを渡して「撮っていただけませんか?」ってお願いできないんですよね。せっかくの外出、家族で写真撮りたいですよね。是非持って行って、動物をバックに家族写真撮影にトライしてみてはいかがでしょうか??)

電車の乗り換え、混雑具合は?

京王線または多摩モノレールの多摩動物公園駅が最寄り駅となります。(京王線の路線図に載っていないように見えるのですが、高幡不動駅から1駅だけの、京王線の動物園線という線が出ています。)

私達は、京王線の京王多摩センター駅から、多摩モノレールに乗り換えて行きました。(京王線だけでも行けるけどこの方が早い)
京王多摩センター駅で下車し、改札口を出た後「多摩モノレール線」の標識に従って左に進むと、小田急線が見えるのですが、多摩モノレールが見えません。そのまま少し先に進むとレンガの階段がありますので、上がって右手に進みます。

IMG20201018094834

先に進むとこのような白い通路があり、この突き当たりが多摩モノレールの改札口となります。

IMG20201018094940


多摩モノレール線の多摩動物公園駅も、京王線の多摩動物公園駅も、多摩動物公園の入口のほぼ目の前にあります。最寄り駅に到着したらもう心配いりません。

ちなみに、電車の混雑具合について。出発地点にもよるとは思いますが、少なくとも京王線の調布駅~多摩動物公園駅までの道のりでは、立っている人はほぼおらず、他の乗客とも席を少し離して座れるような感じでした。(私達は10:00過ぎに到着し、13:30頃帰路につきました。帰りの方が少し混んでいました。)
ベビーカーでも折り畳まず乗れると思います。(あくまで私が行った時の1回限りのお話ですので、もし難しかったら悪しからずご了承ください...)


ベビーカー貸出はどんな感じ?

ベビーカー貸出があるのですが、500円します。大人1人の入園料が600円であることを考慮すると、少し割高かなーと思いました。(むしろ入園料がかなり良心的というのはあると思いますが。)
それも、こういうタイプの簡素な感じのものなので...。
IMG20201018103836

日除けがついていますが、メッシュなのであまり日差しは遮りません。リクライニングは、ほぼ直角と、寝そべった角度の2段階です。椅子はクッションはなく、パイプ椅子みたいな感じです。
園内のシャトルバスに乗るとき畳むのですが、慣れていないので手こずるし、普段使っているベビーカーだったら持ち手のところに荷物掛けをつけていて、ちょっとした荷物を掛けられるのですが、それも当然できないし...
やはり使い慣れたベビーカーを持って来れば良かった~!!と少し後悔しました。

無料?有料?写真撮影コーナー

動物園の入口を入って少し進むと、写真撮影コーナーがあります。これがすごく営業上手でして...。無料っぽい感じで入口からは料金が見えないのですが、写真とデータ購入する場合は1200円です。無料なのは、白黒のこういうミニサイズのです。

IMG_20201019_002507
有料のは買うつもりはなく、この無料のだけでも記念にいただこうかと撮って頂いたのですが、カラー写真を見せられると、さすがプロのカメラマンさん。とっても素敵に撮って頂いていて、心がグラッと揺れ...そしてこの時初めて有料のは1200円であることが判明したのですが(苦笑)、記念に購入しました。
IMG_20201019_001919
コロナの流行前は、自分のスマホも渡して無料で撮ってもらえたようなのですが、今は感染症対策からお断りしているということでした。
ここで気付いたのですが、セルカ棒を持って行けば良かった...!!と。今は周りの方にスマホ渡して写真撮影お願いできないですもんね。セルカ棒があれば、動物の前や、入口の象の銅像の前なんかで、家族写真を撮れたのになぁと思いました。

園内シャトルバス

多摩動物公園はとても広いため、園内では無料シャトルバスが運行しています。 ホームページでは、休止しているのか運行しているのか少し分かりづらかったのですが、運行していました。 
運行は10:00から15:00まで10分間隔で、1回に11人まで乗れます。
小さいなバスで、窓は開けているとは聞いていたものの、ほとんど閉まっていて、ここだけは少し密でした。
IMG20201018124105
とはいえ、入口付近のバス停から、1番高いところまで登るのに5分程度ですので、短時間で済みます。

1番左の「ツデグロヅル舎前」というのが、入口付近のバス停です。そして3個目の「オラウータン舎前」が、園内で1番高い位置にあるバス停です。「オラウータン舎前」で下車して、下り道を降りていく感じが1番楽かつ広範囲を見れると思います。
IMG20201018122151

坂道が多いって聞いたけれど大丈夫?

園内はとても広い、かつ、坂道が多いというか、山の中なので...
無料シャトルバスを活用&この「車椅子、ベビーカー用マップ」を参照されることをおすすめします!
リンク先ページ内の「車椅子、ベビーカー利用マップはこちらです」をクリック。

親切なことに全ての道を勾配度により「きつい坂」(8%以上)、「坂」(4-8%)、「ほぼ平坦」(4%未満)の3つに分類して色分けしてくれています。
%で言われてもあまりピンと来ないと思うのですが、例えば、正門からシャトルバス乗り場まで「きつい坂」(8%以上)に分類されていますが、こんな感じです。(正門から程ない所から撮りました。)
IMG20201018131611
左奥にバス停があるの、ご覧いただけますでしょうか? 「きつい坂」に分類されていますが、個人的な感覚としては、「なだらかな上り道」という印象でした。
「きつい坂」の定義は勾配8%以上なので、もっと急なところはあるのかもしれませんが、まずはこのバス停まで歩いて、上まで連れて行ってもらえば、あとはほとんど下り道を選んで降りてくることができます。
なので、上の写真の坂をご覧になって問題なさそうであれば、問題なく回れると思って良いのではないかと思います。
うちはベビーカーでの子連れ&足腰が弱い家族もおり、心配でしたが、問題なく回ることができました。
ただ、広く山の中のような園内を歩くことには変わりありませんので、ハイキングだと思って行かれた方が良いとは思います!!

授乳室、ミルク用お湯、離乳食温め、オムツ替えスペースなど

こちらで案内されているとおり、授乳室も、ミルク用お湯も、離乳食温めも、オムツ替えスペースもしっかり整えらています。
また、これは実際に行って感じたことですが、入園から帰るまで、お会いしたスタッフの方皆さんとてもフレンドリーで、子連れでも安心感がありました。

所要時間、回り方の例

私達の回った例を紹介します。(なお、10:00頃到着し、13:30頃帰路に着きましたので、滞在時間は3時間半でした。)

9:30-10:15入園の枠を予約していたので、10:00過ぎに到着し、ベビーカーを借りて(有料)、そのままシャトルバスのバス停に進みました。

ちなみに、シャトルバスの運行が10:00からなので10:00以降に到着するようにしたのですが、9:30頃に到着して、入口で記念撮影したりしても良かったなと思いました。こんな象の銅像があるので、記念撮影にぴったりかと。(三脚が必要かもしれませんね。)

IMG20201018132540

この写真は帰る時に撮ったのですが、写真のとおり、今は入園する人、帰る人のルートが三角コーンとバーで仕切られていて、帰る時にはもう近くに行けないので、チケットを購入して入園する時だけが撮影チャンスとなります。(2020年10月現在)


さて、シャトルバスに乗って5分ほどで、園内で1番高い位置にあるバス停「オラウータン舎前」に到着するので、ここで下車します。(終点ではないので注意)
すぐに目に入ってきたのがこちら、白手長猿のお家。

IMG20201018102921_01

子供が声を上げているのかと思ったらこの手長猿の声でした。近付いて見ていると、ウゥーヒュウー!!とサイレンのような大きな声をあげながら、アクロバティックに動いていました!! 柵の枠を左右の手で交互につかんで、ピュンピュンと飛ぶように移動する手長猿。
と思ったら、今度はロープをつかんでターザンのようにユーラユラ!! 手長猿のなんとも言えない声と、身体能力に圧倒されました。

この手前にオラウータンもいたはずなのですが、手長猿に気を取られ、気が付かず、先に進んでしまいました。みなさんはぜひチェックしてみてくださいね!

道なりに進むと、お次はトラが!!

IMG20201018103320

ちょっと遠いので息子には見えなかったかな。ズームするとこんな様子。

IMG20201018103327

下の写真の中に、トラが隠れているの、分かりますか? 背景と同化していて、カモフラージュされているんだなぁと感心しました。
IMG20201018103653

次に進むと、アジアゾウが!!
IMG20201018104340

こちらは大きいので息子もじーっと見ていました。入園制限のお陰で、周りに誰もおらず、このゾウとの対面を家族で独り占めすることができました。

この辺りで、11:00前。ベンチに腰掛けて、息子におやつをあげました。親も朝食を食べていなかったので、コンビニで買っておいていたパンなどをもぐもぐ。
IMG20201018105805
園内にはこのようなテーブル付きベンチが随所に設置されているので、休憩には困りません。広いので他のお客さんとの距離も十分確保できます。

少し先に進むとすぐにお食事処がありました。ここで食べても良かったなぁと。「コアラ下売店」というところで、ここが園内で1番食事メニューが充実しているようです。私達はここで注文しなかったのでお味は分かりませんが、あったかいラーメンには、お猿さんの絵のナルトが入っていたり、コアラのキャラ弁があったり、もう少し大きなお子さんも喜びそう~。

IMG20201018112319

この売店で、電子レンジで離乳食を温めてもらえるので、持参していた冷凍離乳食を温めてもらいました。

お手洗いもあるので、ここでオムツ交換。(バタバタしていて遅くなってしまったけれど、入口入ったところにもお手洗いがあるので、そこでオムツ交換しておいても良いですね。)

この売店の前にはカンガルー広場という名前で、ベンチとテーブルが並んでいます。芝生があって、レジャーシートも貸してもらえるみたいですよ。(おやつ食べたばかりですが、何だかんだお昼時だったので、ここで離乳食をあげました。)

この売店の上にコアラが居るようなのですが、少し登り坂を進むのが嫌だったのでコアラは諦め、引き続き下って行く方向で。カンガルーを見に行きました。
思い思いに過ごすカンガルー達。
IMG20201018115336
休日のお父さんのようなカンガルー発見。
IMG20201018115539
フンの匂いが結構強かったので、息子も臭かったのか、「ブブゥ~」と口を尖らせていました。(笑)

カンガルーの子育てについての説明書き...。
IMG20201018115728
IMG20201018115737
カンガルーのお母さんの袋の中の赤ちゃん。息子はもう卒乳しているのですが、息子に授乳していた頃を思い出し、何だかしみじみ感じるものがありました。(笑)

すぐ隣のエミューとトナカイを見たところで、引き返して、インドサイを見に行くことに。
IMG20201018120103
IMG20201018120311

ここで12:00過ぎ。息子おねんね。借りているベビーカーは寝心地悪そうだったので抱っこ紐に切り替えてお昼寝。

坂道を下ると立派なインドサイが!!
IMG20201018121854
IMG20201018122017
絶滅危惧種だということで、飼育員さん達の責任の大きさを痛感。こんな色々と楽しめる動物園の入園料600円ってとても良心的だなぁと思います。

ここからアフリカゾーンに行くとチンパンジーやキリンが見れるのですが、アフリカゾーンまで結構歩くのと、上り道っぽかったので、断念。ここまで歩いてきて、結構疲れていました。アフリカゾーンにはなぜかシャトルバスは行かないため、行きたければ自力で行くしかありません。入口から直接向かうこともできるので、体力のある初めに歩いて行っておいて、引き返し、その後シャトルバスで上まで行って下る、という流れでも良いかもしれません。
IMG20201018123503

道を下り、入口の方に向かいます。
入口へ向かう下り坂には、ウサギやモルモット、ヤギといった割と馴染みのある動物達が。こちらは狭いスペースに身を寄せ合うモルモット達。(以前は触れ合いコーナーだったそうですが、今はコロナ感染症対策のため中止中。)
IMG20201018123639
鮮やかなインコ。
IMG20201018123723
ニホンジカ。ここまで色々な国の動物を見てきましたが、日本の動物はやはり落ち着くというか、しっくりきます。お父さん、お母さん、子供らしきシカがいました。
IMG20201018124627

さて、入口付近に戻ってきました。ここで13:00。
ちなみに、入口付近にあるZOOカフェのメニューはこんな感じ。
IMG20201018130335

IMG20201018130352
園内の飲食物ってもっと割高なものと思っていたのですが、意外と普通のお値段ですね。
息子も起きて、ここで帰路に着くことにしました。

ちなみに、動物園に来て、肝心の息子の反応はどうだったかと言いますと...。ちょっと動物との距離があることもあり、動物に対する反応はそこまでなかったのですが、一応見てはいたので、どう感じたかな?? 動物よりも近くの手すりや植物が気になっていた感じもありましたが、何よりも久しぶりの家族での外出を楽しんでいるように見えました。場所見知りしたり、初めての物を怖がって泣くこともある息子ですが、広い自然の中ということもあってか、泣くこともなく、楽しく過ごせました!!

大人も本気で楽しめましたよ。

入場制限のおかげで密になることもなく、自然を感じリフレッシュしながら、色々な動物達に会える多摩動物公園。おすすめです!!

駅前の様子(カフェなど)

ちなみに、園外になりますが、京王線の多摩動物公園駅前(多摩モノレール線の多摩動物公園駅と、道を挟んだすぐ向かいにあります)はこんな感じで、他にも遊べるところが。
IMG20201018133550

こちらは遊びの森HUGHUG内のカフェですが、カフェには入場無料で入れますので、ここで食事するのもアリかと思います。
IMG20201018133251
離乳食も販売しているらしいです。

京王レールランドは入場料310円と書いてありました。3歳未満は無料だそうです。小さな施設でさくっと見れそうでしたので、電車好きのお子さんは覗いて見ても良いかもしれません。(体力と時間が残っていれば...!!)


※こちらの記事は作成時点の情報に基づいておりますので、最新の情報はそれぞれの施設にご確認ください。

最近、息子が音楽に合わせて首をフリフリしたり、両手を広げて指揮者のようにバタバタ振るのが愛しくて...。
買ってしまいました、電子ピアノ。おもちゃのピアノじゃなくて?という感じですが。
IMG_0552_sRGB


息子がもう少し大きくなったら、何か楽器に触れさせたいなぁとは前から思っていたのですが、

・楽器に興味をもつきっかけとしては、身近な人が楽器を楽しんでいることが一番なのではないかと思った。(私も実家にピアノが置いてあったけれど、ピアノに興味を持ったきっかけは、親友がピアノをスラスラ弾いているのを見たことだった。)
・息子のおもちゃの鍵盤を触っていたら、私も何となくピアノを弾いてみたくなった。
(ちなみにおもちゃの鍵盤というのはこれ。車なんですが鍵盤も兼ね備えているんです。これでデモ音楽を流すと息子が首フリフリして楽しそうで。。。)
IMG_0553_sRGB

という理由から、少し(かなり?)早いけど、買っちゃっても良いんじゃないの?と珍しく私の中の何かが私に囁きかけました。
私が弾いて、息子と遊びたいなぁと思っています。そして将来的に息子も興味を持って弾いてみたい、とならないかしら・・・と妄想しています。

ちなみに私のピアノの腕前はというと、初心者も良いところです。子供の頃習わせてもらいましたが、結局好きになれず、身につく前に辞めてしまって、今、伸び代しかない状態です。(笑)

ヘ音記号の音符ってどうやって読むんだっけ...というところから始め、まずは息子が好きな「どんぐりころころ」を今、夜な夜な練習しています!





息子の1歳の誕生日には、息子が食べられるバースデーケーキも作ってお祝いしました。FullSizeRender

超熟6枚切り2枚に水切りしたヨーグルトを塗って、イチゴやイチゴスプレッド(砂糖不使用のイチゴジャム)、卵ボーロなどでトッピングしただけ。

本当はもっと食パンを重ねて高さを出す予定が、夫が食パンを食べてしまっていて、こうなりました。(ケーキ用だよって言ったのに、いつものごとく私の話を聞き流してる夫!)

息子も嬉しそうに大きな口で食べてくれました!

↑このページのトップヘ