育児・知育

息子に大日本絵画の『チャイコフスキーのくるみ割り人形(音の出るしかけえほん)』をクリスマスプレゼントとしてあげたのですが、とっても素敵な絵本でしたので、ご紹介します!



(Amazonのレビューも星★★★★でした。納得。(2021年1月時点))
チャイコフスキーは、たいへん美しいメロディーの曲を作った作曲家として知られています。なかでも有名な3つのバレエ音楽のひとつが「くるみ割り人形」です。E.T.A.ホフマンの書いた童話をもとに作曲され、舞台の上のおどり手の思いを、わかりやすくしてくれます。さぁ、主人公のクララといっしょにクリスマスの魔法の旅へと出かけましょう。 
(出典:大日本絵画HP チャイコフスキーのくるみ割り人形 (音がなる)


特におすすめしたい人

  1. お子さんにクリスマス・冬のお誕生日プレゼントを探している方
  2. クラシック音楽に興味のあるお子さん・親御さん
  3. バレエに興味のあるお子さん・親御さん
  4. 外国のファンタジーな物語に触れたい方
  5. 華やかで繊細な雰囲気の絵が好きな方  など
クリスマスのお話なので、冬のプレゼントとして特におすすめです。
下に書きますが、サイズは普通の絵本より大分大きいです。
そして表紙の一部に金箔が貼られていたり、特別感のある装丁のため、贈り物として見劣りしないと思います。

また、クラシック音楽やバレエに触れるための第一歩としてもおすすめです!
これも下に書きますが、子供向けの絵本ではありますが、各曲の説明もとてもコンパクトかつ分かりやすくされています。
 

実際に手に取ってみて分かった特徴

私はネットで注文したので、実物を見たのは届いてからだったのですが、実際に手に取ってみて分かった特徴を書きます。
  • 思っていたよりもずっと大きかった。A4サイズの二倍ちょっとの大きさでした。(つまり、開くと大体A4サイズを横に4枚並べた大きさになります。)
  • 表紙は布のようなしっかりとした素材です。
  • 表紙に金箔が使われていて、特別感がある!

音楽について

この絵本は、お話が見開き10ページ、プラス最後のページの見開き1ページに音楽についての説明が書かれています。

お話の各見開きのページに、「ここを押す」という丸い印がついていて、そこを押すと音楽が流れます。
各曲は、10秒くらいなのですが、子供のおもちゃによくある電子音ではなく、優雅なクラシックの音色をきちんと録音したようなものになっています。
音の強弱や、楽器の音色も十分分かります。
各曲の時間は短いながらも、各シーンの光景と合った素敵な音楽で、大人もワクワクしながら聴いてしまうような感じです。
我が家は一歳の息子に読み聞かせましたが、心地良さそうに聴いていました。
短いからこそ、小さい子供には聴きやすいのかもしれません。

そして、最後のページに、チャイコフスキーの紹介序曲〜第2幕終幕のワルツまで、各ページで流れた曲についての説明(特徴や聴き所、想起されるものなど)、そして、その中で用いられた音楽の言葉についての説明が簡潔に書かれています。このページはある程度(小学生中学年くらいかな?)の年齢にならないと一人で読んだだけで全てを理解するのは難しいかもしれませんが、親御さんがこれを読みながら説明したり一緒に感想を話したりするなら、幼児から役立つと思います。

クラシック音楽の鑑賞に親しむきっかけとしても、とても良いのではないかなと思います。

ストーリーについて

時はクリスマスイブの夜。主人公はクララという名前の女の子。王子様になったクルミ割り人形に案内され、お菓子の国で、お菓子の精達の素敵な踊りを楽しむ、というお話です。どちらかと言うと女の子の喜ぶお話かもしれません。(我が家は性別関係なく素敵なものは紹介したいので、息子にプレゼントしました。とはいえ、まだ一歳なので、好みに性差は表れていません。もう少し大きくなったら、女の子っぽいという理由で嫌厭されたりするのでしょうか。でも、この音楽や絵は、男女関係なく楽しめるものだと思うので、お家にあって損はないと思います。)

絵について

各シーン、見開きページを使っています。上にも書いたとおり、開くと大体A4サイズを横に4枚並べた大きさになるので、贅沢に紙面を使って絵が描かれています。
ドイツの童話なので、当然かもしれませんが、登場人物の装い(ドレスやハット)、室内の様子は昔の洋風です。細かなところまで描かれた、繊細なタッチの絵です。

対象年齢は?

上記でも少し触れましたが。お話の文章は、小さな文字で書かれているし、使われている言葉や表現からすると、一人で読むなら、小学校中学年くらいが対象なのかな?と思います。(調べたのですが公式な対象年齢は分かりませんでした。)
とはいえ、読み聞かせをするなら、読み手がいくらでも簡単な言葉で説明できるので、何歳からでも楽しめると思います。我が家は一歳の息子に読んでいます。読むというより、絵を見せて、すごく簡単に光景を説明して、音楽を聴かせる、という感じです。しっかり見て聴いて、楽しんでいる感じがします。

少々残念な点 

…というわけでとてもおすすめなこの絵本なのですが、一点難点を挙げるとすると、音楽を聴くためのマークを押すのに、力が要ること!マークは分かりやすく丸になっているので、一歳の息子も指で指してなぞるのですが、全く力が足りません。いつ頃になったら自分で押せるだろう?3歳以降かな?もっと押しやすかったら、さらに良いのに〜!と思います。


このシリーズの絵本、他にもあるみたいなので、またの機会に見てみたいな〜と思うくらい気に入りました。

洋服も完成しました!手作りのウォルドルフ人形です。
IMG_5032
IMG_5034

かなり雑ではあるのですが、結構可愛いくないですか??
またこちらの先生の説明を参考にさせていただいたのですが、すでに疲弊してしまった私は、よく理解できない部分もありながら、自己流も入れて進めてしまいました。


型紙を作るのも嫌だったので、布に直接チャコペンで線を書いて裁断しました。
B体(30cm)の長ズボンだとこんな感じ…縦13cm,横15cmですね。
出っ張りの部分(縦に置いたメジャーのちょうど6cmが指しているところ)から上が股からウエスト、下が股から足首にあたるのですが、出来上がり、股上浅めになってしまったので、上の部分をあと2cmくらい長くとっても良かったなと思います。
(なお、右上の部分がお尻側になるのですが、お尻側の方が布がたっぷりほしいので、左上と比べて1cmくらい長いです。斜めになっているの、分かりますかね?)
IMG_5018

これを同じ寸法で2枚用意し、それぞれ半分に折って、写真のように出っ張っている箇所だけ縫い合わせます。縫い合わせると、筒のようになります。
IMG_5021

1個だけ裏返して、裏返した方を、裏返していない方の中にすっぽりと入れます。
そうしたら、写真のとおり、U字に開いているところを二枚、縫い合わせます。
IMG_5026

あとは、裏返したらこのようなズボンの形になります!
IMG_5027

ゴムひも通しを作るのが面倒だったので、サスペンダー型のズボンにしました。
少しデザイン性のある太めのゴムを、サスペンダーになるように縫い付けて、完成です。

ミニサイズながら、ズボンってこうやって作るんだ!!と勉強になりました。

とても可愛くできて、満足です!息子、気に入ってくれるかな〜!!

もうすぐ1歳の息子にウォルドルフ人形を作りました。可愛いでしょう〜!!(手前味噌!)
FullSizeRender

(洋服を作るエネルギーが残っておらず、とりあえずハンカチを結び巻いて洋服にしています。)

■ウォルドルフ人形とは…

ドイツのシュタイナー教育で取り入れられている天然素材で作る人形です。
表情をあえてシンプルにすることで、子供の想像力によって色々な表情に見えるようにする狙いがあります。
身近な人が思いを込めて手作りをするたった一つの人形で、子供に寄り添ってくれる存在となることが期待されています。

これから大きくなるにつれ、どうしても、親に叱られたり、複雑な感情をもつこともあると思います。
そんなときでも、このお人形が側にいることで、あなたは愛されている存在なんだよということを忘れずに感じてほしい。
感情の整理がつかないときにも、このお人形だけは自分の気持ちが分かってくれるんじゃないかと、自分は一人じゃないんだと、そんなふうに息子の心に寄り添うような存在になってくれたらと思いながら、作りました。

■作り方

スウェーデンひつじの詩舎さんから手作りキットが販売されています。
大きい順にA体、B体、C体があり、私はB体を選びました。4,000円弱ですね。


作り方の本も販売されていますし、有料の講習会なども開催されているようですが、節約のため、ネットの情報を拾ってできるのでは…?と思い、私は自己流でチャレンジしてみました。裁縫下手で不器用な私でも、時間はかかったものの、何とかできましたよ!

作り方は主に、こちらの先生の動画を参考にさせていただきました。順を追って説明されています。

いくつか動画と違う作り方をした点もあります。
  • 動画のように羊毛ボールを作るのは全くできませんでした。手で巻き付けるだとギュッと詰まったボールにはどうしてもならず、100円均一で羊毛フェルト用のニードルというものを買ってきて、ザクザク刺してボールにしました。羊毛フェルト用ニードルだけは他のもので代用できないようです。これなら誰でもできるのでおすすめです。

IMG_4719

  • コサージュピンの使用が強く推奨されていますが、手持ちの普通の待ち針でもなんとかできました!
  • くぐり結びというのがどうしてもよく分からず、普通の方結びにしました。頭の輪郭を形成するための結びが弱かったためか、少し大人っぽい輪郭になりましたが、大勢に影響なくできました。耐久性は劣るかもしれませんね…。
  • 足は、初めハイレグになってしまったのですが、このままですと胴体の綿が綺麗に収まらないので、やり直して、直線になるようにしました。(写真はNGパターン)

IMG_4800
  • 髪の毛はうちの子は男の子ということで短くしたかったのですが、先生の動画ではロングヘアーで、これを短髪にするとどうなるのか?少しイメージが湧かなかったので、自己流で違うやり方をしてみました。

刺繍針に糸を二本取り(?)にして、ループのように縫い進めます。1本1本が抜けないように、返し縫いの要領で縫います。左右の糸を引っ張って、どちらからも抜けないことを確認しながら縫い進めました。

IMG_0445

IMG_0449

こうなるので、後で輪っかの所をチョキンチョキンと切ります。これはこれで、ふわふわの巻き髪みたいな雰囲気になって、可愛いなと思ったのですが…。

IMG_4886

ひと針ずつ植毛した後、このように地肌の見えているところは、直接地肌にベタッと縫いつけて、地肌が見えないようにします。

IMG_4887

結構頑張って1本1本植毛したのですが、結果的に、かなり毛量が多くなりました。
そこまでたくさん植毛しなくても、ベタ縫いで地肌を隠せるので、大丈夫だったなと思いました。
毛量が多いこともあり、幼児というより、思春期の子供のような印象になった気がします。

Before
IMG_0432

After

IMG_4898

横向きはこんな感じ。
IMG_4900

頭頂部を境に、顔の方は短く、後ろの方は長くしています。美容師さんにアドバイスをもらいたいと本気で思ったくらい、髪の毛の構造について考える機会となりました。(笑)


■おまけ:ハンカチで即席お洋服の作り方

布を買ったらお洋服作りますが、とりあえず裸だと可哀想なので…。
(後日、無事お洋服も作れました⇒洋服も完成! ウォルドルフ人形)

ハンカチを肩で結びます。
IMG_4907

余った布を整えながら、反対側の肩に持ってきて、結びます。
IMG_4908

整えたらこんな感じに。
IMG_4909

続いてズボン。ウェストで結んで股を通し…
IMG_4911

背中側に持ってきて、また腰で結びます。
IMG_4904 (1)

一応、ズボンになりました!(これは上半身の服を着せる前の写真ですが…)
IMG_4905

おしまい。

時間はかかりますが、手順どおりにやっていけばなんとかできます。不器用な私でも楽しく作ることができました。おすすめです!!

息子が9ヶ月になったので、「語りかけ育児」(サリー・ウォード著)の9ヶ月のページを読んでみました。


満9ヶ月で気になること
早速目に飛び込んできた「満9ヶ月(8ヶ月の終わりまで)にできないと気がかりなこと」のチェックリストに、
●「マママ」「バババ」などの喃語を出さない
●「いない、いない、ばあ」などのやりとり遊びを楽しまない
というのがあるんですが…当てはまります

息子はよく色々な声を出すので、おしゃべりだなぁと思っていたのですが、この時期はもうママとかババとか言う時期だったんですね息子はアー、ワー、キャー、イーとかは言いますが…マママとかバババ、パパパとかは言ったことありませんおしゃべりに関しては心配していなかったのに、また気がかりなことが増えてしまいました

いないいないばあは以前から笑わないので気になっていたのですが、「やりとり遊び」ってその他にどんなことを言っているのでしょう?こちらが何かをしてそれに対して反応して笑う、ということであれば、顔を近づけたり遠ざけたりすると笑うのですが、これもやりとり遊びの一種になるのでしょうか?分かりません…。

その他、
●音の出るおもちゃに興味を示さない
●人に話しかけるような音を出さない
これは該当しないので、 ホッ…。

●自分あるいは家族の名前がわかっていないらしい
というのもありますが、 これはどうでしょう?呼びかければこちらを見てはきますが、声がするから見ているのか、名前がわかっていて見ているのか、ちょっと判別つかないです。

9ヶ月の赤ちゃんへの「語りかけ育児」
以前からのやり方に加え、9ヶ月からのポイントとしては以下があるようですが、これは今も自然にやっているかな。
●単語ではなく短い文で
●身振りをたくさん使う(自分が使うだけでなく、息子の身振りに対して反応して語りかけをする)

あと、ようやく絵本についても推奨されています。絵本は低月齢の頃から読み聞かせをしていて、息子も楽しんでいるようなので(相変わらず笑うのではなく真剣な表情で見つめますが)、引き続き続けたいと思います。

おすすめの遊び方、おもちゃ
息子はまだ一人座りができないので、紹介されているものの中には息子にはまだ遊べないだろうなぁというものも多いのですが、そういうふうに接していると、どんどん発達が遅れを取ってしまいそうですね。興味を引きつけるためにも、積極的に取り入れてみたいと思います。

以下は、家にあるものや100円ショップで買って用意できそうです!
●大きな柔らかいボール
●積み重ねられるお椀、紙コップ、プラスチックコップなど ←重ねる練習をするのかな?
●料理用の刷毛、たわし、素材の違うスポンジ ←感触を楽しむらしい
●鍋ぶたとスプーン ←これは音を立てて遊ぶらしい…息子にはできないけど私がやってあげよう。
●しわになりやすい紙 ←クシャクシャして遊ぶのかな?

以下は手作りは難しそうなので、お手頃価格なものがあれば購入したいと思います。
●布製の積み木
●積み重ねられる輪 ←保育園に素敵な布製の輪投げがあったのだけど、そういうやつかな?
●太鼓、木琴、カスタネットなど

あと、「人形用の乳母車、ブラシとくし(物が何のためにあり、何ができるのかを分からせるためのおもちゃ)」というのもあり、ということは、人形がいるってことですね。以前からウォルドルフ人形というのが気になっていて、1歳くらいにあげようかなぁと思っていたのですが、もうあげても良さそうですね!早速手作りキットを注文しちゃおう!
着せ替え人形 キット / 中 妹 / ウォルドルフ人形 / アトリエ ディ・ムッター・ゾンネ 手作り セット 裁縫 おもちゃ プレゼント
着せ替え人形 キット / 中 妹 / ウォルドルフ人形 / アトリエ ディ・ムッター・ゾンネ 手作り セット 裁縫 おもちゃ プレゼント

所感
うーん…前回読んだときには月齢毎の発達の様子にそれほど遅れている印象は感じなかったのですが、マママとかバババとか言わないというのが引っかかって、Youtubeで9ヶ月の赤ちゃんの喃語を検索して見てみたら、しっかりおしゃべりしていて、ちょっとショックを受けてしまいました。
運動発達がゆっくりなのは分かっていましたが、おしゃべりは平均的だと思っていたので…。
息子は息子なりに日々愛らしく成長しているのに、どうして育児書は「●ヶ月になったらあれができる、これができる」って、息子にできないことばかり書いてあるのでしょう…もう育児書が嫌いになりそうです、本当に。
 
ですが、最近は私も「これはまだ息子にはできないだろうな…」と諦めてしまっている節もあるので、息子の興味や意欲が高まるように、色々試してみたいなと思います!!!

赤ちゃんは、意味は分からなくとも言葉の響きやリズム感を吸収しているので、美しい言葉を聞かせることで、言語に対する感受性が洗練されると聞いたことがあります。
そこで我が家では、北原白秋の五十音と、論語の読み聞かせをしています。
北原白秋の五十音は、子供部屋の壁に貼って、気が向いたときに読み聞かせできるようにしています。
寝かしつけの際、子守唄を歌ったり、色々したけどまだ寝ない…なんて時にも音読したりしています(苦笑)。
リズム感が良いので、音読し始めると不思議そうな、でも興味ありげな顔で私の顔をじーっと見てくるのが可愛いです。 
IMG_4461


論語は、これを購入しました。同じ著者から『子や孫に読み聞かせたい論語』という本も出ていて迷ったのですが、こちらの本は子供が字が読めるようになったら自分でも読めるように作られているので、どうせなら後々子供が自分でも読めるものが良いかなと思い、こちらにしました。
こども論語塾―親子で楽しむ
安岡 定子
明治書院
2008-02T

もちろん0歳の息子にはどちらにしても読み聞かせをしなければならないので、私が絵本を読み飽きたときに開いて読み聞かせをしています。
北原白秋の五十音のように、気が向いたときにすぐに口に出せたら良いなぁと思い、日めくりカレンダーのようなイメージで、書き出してバインダーでまとめてみました。
IMG_4460

力強い言葉の響きに感心すると同時に、子供の頃からこういった教訓が頭の片隅にあれば、あの時あんな失敗しなかったのかな、お友達にあんな言動をしないで済んだのかな…と思いました。息子にはぜひ論語の教訓に早くから触れてほしいと思います。

↑このページのトップヘ