保育園

いよいよ慣らし保育が今日で終了。来週から復職になります。
6月から保育園利用を始め、3週間慣らし保育にとったわけですが、驚くほどスムーズにいきました!

新型コロナウイルスの影響で、もう1月の終わり頃から、私と夫以外の人に会わず、近所の散歩以外はどこへもお出かけもせずの日々を送ってきた息子。
そのため、人見知りや場所見知りがどうなるか予想がつかず、 心配していたのですが…。

1日目は、担任の先生に抱っこを変わっていただいた瞬間から、「フェーン!!」と言って涙をポロポロと流していました。でも、あれ?そんなにギャン泣きではないな…!なんか、上手くいきそう…!という予感が。その日はわずか1時間だったのですが、泣きつかれて寝てしまったとのことで、少し寝たところでちょうどお迎えの時間でした。

2日目は、やはり担任の先生に抱っこを変わっていただこうとすると、表情がムズムズムズ…となり、フェ〜ン…と泣いてはいましたが、昨日よりも大丈夫そう…!バギーに乗るとぴたりと泣き止み、そのうちに寝てしまったそうです。2日目は2時間だったのですが、起きて少し遊んだところでお迎えだったようです。

そして、3日目。3日目にして、お別れのときにもう泣かず!先生に抱っこされて神妙な面持ちはしていましたが、息子なりに状況を受け止めようとしているような雰囲気を感じました。またしばらくして朝寝をし、起きたらご機嫌で遊べたそうです。

その後も順調に慣らし保育は進み、夕方まで預けても機嫌が悪くなることなく、帰宅後もいたっていつもどおりの様子で過ごせたのでした!むしろ、保育園が始まってから、帰宅後もご機嫌が続いていて、家でグズることが少なかったように思います。

泣く子は1ヶ月くらい泣き続けて大変だと聞いていましたが、息子は本当にスムーズに慣れてくれました。同じクラスのお友達も、初めは泣いている子もいましたが、数日すると落ち着いてきて、全体的にもスムーズにいった方だったのではないかな?という印象です。

今回慣らし保育がスムーズにいった要因として、先生や息子の頑張りは言わずもがなですが、以下が功を奏したのではないかなと感じています。
  • 自宅からの距離が近いこと。家からすぐの所にあるので、息子もちょっと離れのお家に行くような感覚で、抵抗感が少なく行けたのではないかなと思います。もう少し離れた所に、保育内容にとても共感した別の保育園もあったのですが、やはりこれだけ近いことによるメリットに勝るものはないかなと思い、こちらの保育園を選んで正解でした。
  • 少人数。息子の0歳児クラスは全員で6人、担任の先生が二人と、比較的アットホームな人数。担任の先生にしっかり抱っこしていただきながら、先生のお顔をじーっと観察するように見つめる息子の様子を見ると、先生が二人だからこそ、先生に慣れるのにそれほど時間が掛からなかったのかなと思います。普段父母二人で息子を見ているわけですから、先生二人というのは馴染みやすい人数だったのではないのでしょうか。
  • お部屋の雰囲気。0歳クラスのお部屋の大きさも、ちょうど自宅の息子の部屋である6畳の和室に近い大きさ。フローリングの続きに畳があるところや、木のぬくもりがあってあたたかい雰囲気も、自宅の雰囲気にどことなく似ているような気がします。そのため、場所見知りもそれほどしなくて済んだのかもしれません。
そして、担任の先生は、入園するまでどんな方が先生になるのか分からなかったため、不安もありましたが、蓋を開けてみたら、お二人とも柔らかく優しい雰囲気の先生で、息子のことをよく見てくださっているようなので、まずは一安心しました。

ちなみに、0歳児クラスって、まだ赤ちゃんなので、日々の活動としてできることは限られていると思っていたのですが、想像していたよりもずっと、色々な経験をさせてもらっているようです!お手手や切った野菜の断面に絵の具を塗ってスタンプして遊んだり、水遊びをしたり…家ではやったことがなかったし、まだ早いだろう、できないだろうと思っていたことをどんどん経験させていただいているようで、本当に嬉しいしありがたいです。

さて、あとは私が復職し、新たな生活に慣れなければです!来週から、頑張ります! 

私は息子を0歳から保育園に入園させたのですが、保活の際、地域の保育園を20件近く見学しました。認可保育園、認可外保育園の他、家庭的保育と言われるところ、また、大きな園、小さな園、色々見た経験から、保育園見学のポイントをまとめてみます。(地域による違いもあるかもしれませんが、私は東京近郊の住宅街の保育園を見てきました。)


1、基本的な確認ポイント

  • 先生、子供達の雰囲気
  • 子供達が過ごす部屋の日当り、雰囲気
  • 園庭の様子
    楽しそうな遊具がある園もあれば、「遊具のある公園に行くので、園庭ではボール遊びなどができるように、あえて遊具を設けていない」という園もありました。
  • プール、水遊びの場所
  • お部屋にあるおもちゃや子供達の創作物
  • 使用済オムツは園で持ち帰りか、園で処分か?
  • 給食は給食室で手作りか、仕出し弁当か?
  • 食物アレルギーがある場合、アレルギー除去食は対応可能か?
  • 必要な物
    私が見学した園は全部市販でそろえられるものでしたが、手作りが必要なものはないか、質問されている方は多かったです。
  • 年間行事
    大体どこも同じでしたが、園によっては、夏祭りにお神輿を担ぐことが大きなイベントになっているとか、少し特色があるところもありました。また、年間行事の中で保護者参加が必要な行事は何で、いつどれくらいあるのか。私が見学したところでは、保護者参加行事は平日にはなく、土曜日開催の行事が年に12といったところが多かったです。
     

2、0歳児クラスの確認ポイント

  • 冷凍母乳の持ち込み可否
    母乳育児の場合、冷凍母乳の持ち込みがOKかどうか。卒乳に向かっているお子さんのお母さんは聞かないので、もし周りのお母さんが聞かなかったとしても、母乳育児を続ける可能性があるのであれば、聞いておくと安心かと思います。
     
  • 0歳児のお部屋の入室制限・ゾーニング
    免疫の弱い0歳児は、特に感染症が心配なため、しっかり区分けをして、特定の人しか入れないようにしている園もあります。そういった園は、見学者も部屋の中には入れず、ドアの外から覗く形でした。特にそういった制限はなく、オープンな園もあれば、部屋の中には入れてもらえるけれども、スリッパは履き替えるというところもありました。小さい園だと、異年齢が同じ部屋の中で仕切られているだけのところもあります。お部屋の構造や入室ルールによっては、年齢を超えて風邪が流行りやすいということも考えられるので、そういった観点でも見てみると参考になるかもしれません。
     
  • 延長保育の年齢制限
    もし0歳児クラスの間に延長保育を利用したい希望があれば、0歳児は延長保育可能な月齢が園により違います。私の見学した所では、「離乳食が完了し、幼児食が食べられるようになってから(夕方の補食や人員の関係で)」という園が多かったです。規定の月齢を設けているところもあれば、「離乳は完了していなくても良いけれど、保育園の生活に慣れてから」というところもありました。
     
  • 保護者のベビーカー置き場
    0歳児だとベビーカーで登園・降園する場合も多いかと思います。私が見学したほとんどの園では、お見送りの際に使用したベビーカーは、園の敷地内に置いて行けるようになっていました。ただ、門の外にあって、部外者が立ち入れるも多かったです。私が見学した園では、それでも盗難が発生したことはないとは言っていましたが(さすが治安の良い日本ですね)、念のためどんな所か見ておいても良いかと思います。
     

3、その他確認ポイント

  •  登園不可の体温
    登園不可の体温は、どの園も原則37.5度以上と決められてはいますが、きっぱり「37.5度です!」という園もあれば、「基本は37.5度だけど、赤ちゃんは体温の変動が大きいので、体調も見ながら総合的に判断しますよ」というところや「個人差を考慮して、37.5度以上または平熱プラス以上」というところもあり、園によって温度差がありました。質問してみると、園の温度感が分かるかもしれません。
     
  • 保護者による役員会の内容
    保育園なので、多くの園は、そこまで保護者の負担の無いようにしているようでしたが、比較的ヘビー目の園もありました。普段、保育園の親同士はなかなか親しくなる機会がなく、役員会を経て親しくなることもあるらしいので、善し悪しかとは思いますが、お仕事の都合にもよりますよね。どんなことをやるのか、集まりの頻度はどれくらいなのか、確認しておくと良いかと思います。
     
  • 車の停車場所
    雨の日や祖父母にお迎えを頼むときなど、車で行く可能性があるなら、園の前に車を一時停車させて良いのかどうか。これも園の前の道路の事情によって異なるので、必要であれば聞いておくと参考になるかと思います。
     
  • 保育参観・保育参加の可否
    行事の時ではなく、普通の日に保育園でどのように過ごしているのか、親が参観できる機会を設けてくれている園もあります。保育参観に対応している園では、乳児クラスは子供に見つかってしまうと普段の様子が見れなくなってしまうので、バレないようにお部屋の外からそっと見る形を取るそうです(お部屋の窓に紙を貼って、覗き穴を空けて、その穴からじーっと見るんですって)。幼児クラスはクラスに参加して、一緒に過ごさせてもらう「保育参加」となります。もちろん希望があればなので、強制ではないです。私が個人的に印象が良かったのは、「卒園前に親御さんも一緒に思い出を作りたいということで、パパ・ママ一緒に参加して、一緒にお昼ご飯を食べて帰って行く方も多いんですよ」とおっしゃっていた園でした。親子ともに良い思い出になるようですよ。
     
  • 生き物を育てたりしているか?
    園庭に池があって、オタマジャクシや様々な生き物がいるなんていう恵まれた園もありましたが、園庭はなくても、保育園のお散歩の時間に子供が捕まえたという昆虫を、お部屋で育てさせてあげている園もありました(これは担任の先生の器量にもよるとは思いますが)。昆虫はいなくても、プランターで植物を育てさせている園は結構ありました。お部屋の中や園内を見渡すと、そういう様子があるかどうか分かると思います。
     
  • 音楽や英語などのクラスの有無
    幼児クラスがメインになりますが、音楽、造形、運動、英語など、外部から先生を招いて定期的にやっている園も結構ありました。特色のある園では、自然に触れ合いながら遊び学ぶために、「自然遊び」の先生をお招きしているなんていうところもありました。クラスという形ではなくても、日々の保育の中で取り入れてくれていたら良いのですが、担任の先生の得意・不得意にもよるところもあると思うので、こういうクラスが設けられていれば確実かなとは思います(別途料金かかるところも多いですが)。私は個人的には、毎週市民プールに行って水泳を習わせているという園は良いなぁと思いました。仕事しながら平日に習い事に通わせるのはなかなか難しいですからね
     
  • 食育への取り組み
    何かやっているところは園の方から紹介があると思います。トウモロコシの皮むきをさせるという園は結構多かったです。力を入れているところでは、自分たちで作ったお味噌を食べるとか、魚の魚の生体について学びながら、魚を焼いて食べるとか楽しく学べそう&美味しそうなことをしている園もありました。日々のおやつについても、市販のおせんべいなどをあげるところもあれば、給食室の手作りしか出さないというところもありました。
     

4、保育園の規模と特徴

大きな園では、色々なクラスやイベント毎が盛んな印象でしたが、小規模保育園や家庭的保育は保育者との距離が近く、それはそれで良さそうな印象でした。小規模保育園や家庭的保育では、3歳からは別の保育園に転園をしなければならないところが多いため、中・大規模の園に比べて人気がないのですが、私の地域では、実は地域の別の保育園に必ず入れるようになっているとのことでした。なので、都合が合えば、乳児のうちは、保育者により手厚く見てもらえる小規模保育園や家庭的保育を利用し、3歳からはより大きな集団での生活に移行するというのも、悪くない方法なのではないかと思いました。



以上、 保育園見学の際の確認ポイントまとめでした!参考になれば幸いです。


↑このページのトップヘ